艶つや習慣で産後のイボケアは安心!病院に行かずに自宅で治そう!

妊娠・出産を終えて、産後のイボに悩んでいる方も少なくないようです。
なぜ産後にイボが出来てしまうのか?
これは、ホルモンバランスの乱れによるものだと思われます。

そこで、今回はこの産後のイボをどうしたらいいのか?という部分についてご紹介していきたいと思います。

まず、イボの治療には様々な方法があります。

・液体窒素治療
綿棒の先をマイナス196℃に凍結させ、イボに直接押し当てる治療で、人によっては激しい痛みを伴うこともある治療です。
そのため、子供にはあまり向かないのが特徴ですが、コスパは保険が適用されるためいい治療法でもあります。

・レーザー(CO2)治療
レーザーでイボの根元から取り除く治療方法で、イボの根元を細かく判別して取り除くため、再発のリスクが少ないですが、保険が適用されないところも多く、費用がかかるのがデメリットです。

・ハサミで切る方法
今ではあまり聞きませんが、ハサミで切り取って、薬を塗るといった方法です。

・内服薬治療
内服薬だけでの治療というのは実はあまりなく、液体窒素治療やレーザー治療などを行う際に処方されることが多いです。
また、内服薬だけで治そうとすると、長期にわたっての治療となります。

このように様々な方法がありますが、どれも時間がかかりそうですよね。
しかし、産後といえば、もちろん自宅には赤ん坊がいます。
そういった中で皮膚科へ通うのはかなりつらいものがあります。
また、皮膚科へ一度通って治るものならいいのですが、皮膚科には数回に分けていかなくてはいけないため、上記で申し上げたように、時間がかかります。

そこでお勧めなのが艶つや習慣です。
艶つや習慣とは、イボケア対策をしてくれるオールインワンゲルで、シリーズ販売累計35万個を突破しており、現在注目を集めている商品です!

艶つや習慣には杏子エキスとハトムギエキスが配合されており、ウイルス性のイボにも、老人性のイボにも効果が期待できるようです。
ただし、ウイルス性のイボというのは本当に気にならない程度のものであって、深刻なものであればちゃんと皮膚科に通う必要があります。

しかし、ここでご紹介しているのはあくまでも産後のイボに悩んでいる方へのメッセージですので、ここではウイルス性のイボの詳細はお話ししません。

産後のイボというのは、冒頭でもお話しした通り、ホルモンバランスの乱れからです。
また、妊娠・出産というのは、様々なストレスも隣り合わせとなるため、そんなストレスなどの環境からもイボはできやすくなってしまいます。

ここでご紹介している艶つや習慣はそんな女性の悩みを解決するために開発されたオールインワンゲルです。
皮膚科に通うのも、艶つや習慣で治していくのも時間はかかるものなので、どうせ同じ時間がかかるなら、自宅で手軽にできる方が赤ん坊なども安心ですよね。

詳細が気になる方は、ぜひ一度艶つや習慣の公式サイトをチェックしてみてください。

⇒艶つや習慣の公式サイトはこちら