2016年 11月 の投稿一覧

艶つや習慣は子供のイボケアに使っても大丈夫!?

子供のイボには様々な種類があるようです。
子供のイボでお困りの方は、ぜひこちらの記事を参考にしてみてください!

まず、子供のイボには幼少期に出来る水いぼ(ウイルス性)と青年期に出来る青年性扁平疣贅(ウイルス性)があります。

◎水イボの特徴◎
水イボは上記でもご紹介した通り、幼少期に出来やすいイボで伝染性のものです。
主に、3歳~5歳くらいの年齢の子供に見られ、色は白っぽい色か肌色で、中に水を含んでいることから水イボと呼ばれています。
このイボは水ぶくれと勘違いしてしまい、潰してしまう子もいるようですが、中の水にウイルスが含まれているため、そこから他の部位に感染してしまうことが多いようです。
また、プールなどに通う際は水の中ではなく、タオルや洋服、ビート板などから感染することもありますので、共用はなるべく避けた方がよさそうです。

◎青年性扁平疣贅の特徴◎
こちらは幼少期に出来る水イボとは違い、中学生以降から30代くらいまでの年代で発症するイボです。
稀に10歳以下の子供に出来たりもするイボですが、大体が20代の方がかかるようです。
顔や手の甲などに現れることが多く、吹き出物なんかと間違ってしまいがちです。
自然治癒で治るものではありますが、気になる方はケアをするか、皮膚科へ相談した方がいいかと思います。

どちらも共通しているのは顔のイボとして出てくることです。
しかし、皮膚科へ行く時間も学生であれば取るのはなかなか難しいですし、幼稚園児などだと病院という言葉だけでおびえてしまう子供もいます。

そんな時に役に立つのが艶つや習慣です。
艶つや習慣は軽度のウイルス性のイボであれば、時間はかかりますが治すことが出来ます。
理由として挙げられるのは、配合されている成分の中にハトムギエキスが配合されているという点です。
皮膚科などで処置をしたあとに処方されるヨクイニンという内服薬や塗り薬がありますが、こちらはもともとはハトムギから抽出されるものです。

そのため、艶つや習慣で治すこともできるということです。

◎そもそもハトムギの役割は?◎
ハトムギは古くから漢方として服用されることも多く、また、ハトムギ茶として飲まれることも多い植物です。
ハトムギにはビタミンB群が豊富に含まれており、このビタミンB群やミネラルなどがお肌の新陳代謝を活発にし、ターンオーバーを促進する作用があります。

そのため、艶つや習慣はイボケア商品として販売されていますが、お肌の若さを取り戻す力もありますので、子供と一緒に毎日塗るとお肌のキメが整ったりと改善がみられるようになります。
ウイルス性のものにも悪性のものはありますので、皮膚科に通うにこしたことはありませんが、時間がない方や子供が怖がるといった場合は、艶つや習慣を試してみるのも一つの方法かと思います。
詳細が気になる方は艶つや習慣の公式サイトをチェックしてみたり、お問い合わせをしてみたりするといいでしょう。

⇒艶つや習慣の公式サイトはこちら

妊婦さんが艶つや習慣を使用するときの注意点

現在、妊婦さんという方で、突然いろんなところにイボが出来てしまった・・・という方が結構多くいらっしゃるようです。
妊婦さんはなぜイボが出来てしまうのか?
今回は妊婦さんとイボの関係性、そして、それを改善するにはどうしたらいいのかというところをまとめていきたいと思います。

◎妊婦さんになると突然イボが出来る理由◎
妊娠する前は全然きれいなお肌だったのに、妊娠してからなんだかポツポツがたくさんできてしまった・・・
そういう方は実はたくさんいらっしゃいます。
貴女だけではないので安心してください。
特に首に多くみられるのが特徴で、その理由は首が常に無防備であることです。
顔は日焼け止めなどの対策を行うかと思いますが、首は意外とノーマークだったりします。
そのため、紫外線などのダメージを受けてしまい、イボが出来るというサイクルになります。

しかし、それなら普通の人もなるのでは?と思いがちですが、ここが「妊婦さん」と「一般人」の違いです。
ズバリ、免疫力の低下です。
ママというのは、お腹の中の赤ちゃんに栄養を送り込むだけではなく、様々な面において神経を使うため、ストレスが溜まってしまったり、エネルギーを大量に使ったりして、免疫力が落ちてしまいます。
その隙を狙ってイボはできるのです。

◎治す方法はあるのか?◎
液体窒素で焼き切る場合、レーザー治療をする場合など様々な治療法が挙げられますが、妊婦さんにはどれも過酷かと思われます。
液体窒素の場合は保険が適用されリーズナブルに行うことが出来ますが、何度も通う必要がありますし、人によってはとてつもない痛みを伴うので、妊婦さんにはかなりきついでしょう。
また、レーザー治療は痕も残りにくく、何度か行くだけでいいですが、保険が適用されないところが多く、コストがかかります。
ウイルス性の場合だと再発の恐れもあるため、結局時間がかかってしまうこともあります。
そして、何よりどちらも皮膚科などに通わなければいけないというのが妊婦さんにとって一番の欠点かと思います。

そこでお勧めしたいのが艶つや習慣です。
どちらの治療法も時間はかかるものなので、同じ時間がかかるなら艶つや習慣でお肌のターンオーバーを促進しながら自宅でゆったりとイボケアをした方がコスト・ストレスともにかかりません。
顔や首にイボがある時点でかなりのストレスかとは思いますが、あまり考えすぎず、治るんだと信じること、そして自宅でのケアを欠かさずに行うことが一番の特効薬になります。

艶つや習慣はスキンケア商品であるため、イボを治すだけではなく健やかなお肌作りにも適していますし、男女も大人子供も関係なく使用することが出来る大容量サイズなので、惜しみなくたっぷりと使用してケアすることが出来ます。

万が一ベタつきが気になる場合は数回に分けて使用すると、ちゃんと浸透しますし、全身に使えるのも利点です。
詳細が気になる方はぜひ艶つや習慣のサイトを覗いてみてください。

⇒艶つや習慣の公式サイトはこちら

艶つや習慣はニキビはさすがに治せない?

今回ご紹介するのは、ニキビでも艶つや習慣は効果があるのか?という部分です。
突然の出だしで驚きかもしれませんが、意外にもニキビにも艶つや習慣は使えるのか?という疑問を抱えている方が多いそうなので、調べてみることにしました。

実際、電話で問い合わせをしてみたところ、ニキビ肌でも使用することはできるとの回答をいただきました。
効果が期待できるともいわれましたが、ちょっと半信半疑でしたので、実際のところどうなのか、電話だけではなく口コミなどでも探ってみました。

結論から言うと、確かに肌サイクルを整える成分が艶つや習慣にはたくさん配合されているため、肌質の改善は出来そうですが、ニキビにダイレクトに効果が期待できるかというと、そこは大きくは頷けません。

ニキビケアというのは、日頃の洗顔が大事になってきますので、通常であれば洗顔方法の見直しなどが必要です。
洗顔はダブル洗顔で、クレンジングは30秒以内、洗顔は1分以内、タオルではゴシゴシ拭かないなどなど。
また、肌に合った石鹸や洗顔フォームを使用するなどが挙げられます。

保湿や保水もニキビには欠かせないケアの一つです。
すでにできているニキビには洗顔を気に掛けること、ニキビを予防するには日ごろのケアを気に欠けること、これに限ります。

艶つや習慣は肌質改善の手助けはしてくれるようですが、ニキビを本気で治したい方は以下の成分が配合されている商品を使用した方がより効果が期待できそうです。

・フラーレン
抗酸化作用があり、しかもその力は非常に強く、また、守備範囲が広い上に安全性が高いとされているニキビケアには欠かせない成分です。

・ビタミンC誘導体
美白成分として有名なビタミンC誘導体ですが、こちらも抗酸化作用があり、通常のビタミンCよりも浸透力があるため、最近の化粧品にはよく配合されています。
乾燥が気になる方がこの成分の配合された商品を使用する場合は保湿を心がけるようにするのがポイントです。

・イソフラボン
ニキビの根本原因はホルモンバランスの乱れによるものが多いです。
男性ホルモン過多の状態が続いている場合は角栓による毛穴のつまりなどでニキビが出来てしまいます。
そこへ、女性ホルモンに非常に似た性質を持つイソフラボンをお肌に使用してあげることで、女性ホルモンが活発になり、美肌へと導いてくれるようです。

・トコフェロール
こちらの成分は実は艶つや習慣にも配合されています。
この成分はビタミンEのことを指しており、脂質の抗酸化作用がある成分とされています。
そのため、脂性肌の方などでニキビが出来やすい方にはかなり効果が期待できそうな成分となっています。

本気でニキビケアをしたいという方は上記の成分がより多く配合されている商品の方が効果は期待できそうです。

ただ、肌質の改善をして様子を見てみたい。という方は、艶つや習慣をまずは試してみて駄目だったらニキビケア商品を使用するといった流れでもいいかもしれません。

⇒艶つや習慣の公式サイトはこちら

艶つや習慣でホクロも薄くなる?

さて、ここまで艶つや習慣について様々な情報をお届けしてきましたが、もう一つ気になっていることがあります。
それは、ホクロに効果は期待できるのか?といったところです。
私の知人で、生まれつき首にコウモリに吸血されたかのように盛り上がったホクロが二つある方がいます。

その方は今ではチャームポイントだと気に入っているようですが、昔はハサミで切ったのだとか(笑)
流血したそうです・・・。

このように、盛り上がったホクロ、また、ホクロの色の濃さなどが気になっている方で、艶つや習慣は効果が期待できるのか?といった疑問を持っている方もいらっしゃるようです。

実際に販売元に問い合わせてみたところ、盛り上がったホクロが平らになったという声や、ホクロだと思っていた黒い物体の色が薄くなった!という声もあったとのことでした。
しかし、これは極稀なケースであることも同時にお話ししていました。

艶つや習慣はもともとはイボケアのためのスキンケア商品なので、ホクロを取りたいという方はしっかりと皮膚科へ通うことをお勧めします。
ホクロというのは侮れないもので、悪性腫瘍の場合もあります。
そういった場合に、艶つや習慣をずっと使用していて治らず、手遅れになるなんてことがあっては大変です。

ここで、念のため悪性腫瘍の種類について少しだけご紹介しておきます。
参考にしてみてください!

◆悪性黒色腫(メラノーマ)
この悪性腫瘍はメラノサイトや母斑細胞が悪性化した皮膚がんの一種です。
メラノーマは小さな初期の状態でも転移が早く、リンパ管や血管を通って全身に転移する、皮膚がんの中で最も怖い種類になります。
また、見つけづらい場所に出来ることが多く、発見が遅くなることもざらにあるそうです。

◆基底細胞がん
この皮膚がんは日本人にとても多い皮膚がんとされており、頭や顔に発生するのが特徴です。
紫外線などのダメージが原因ではないかと疑われています。
見た目はメラノーマと同じく、黒色や黒褐色をしていて、少し盛り上がっていることが多いようです。

このように皮膚がんにも様々な種類があります。
見分け方としては、ホクロは左右対称ですが、悪性腫瘍などの場合は非対称なんだそうです。
また、色がにじんでいたり、皮膚との境界線がなかったりするのも見分け方の一つとして挙げられます。
他にも、徐々に成長したり、突然増殖したりするのも腫瘍の可能性があります。

このようなホクロを見つけた場合は、艶つや習慣をお求めになるのではなく、早めに皮膚科に受診するようにしてください!

艶つや習慣でじっくりと改善できそうであれば、艶つや習慣を試してみてください。
ただ、再三申し上げている通り、艶つや習慣はあくまでイボケア商品です。
そのため、ホクロを除去したいという方はもしかすると、レーザー治療などの方がコストはかかっても手っ取り早いかもしれません。
なお、ホクロはメラニンの生成が原因であるため、日頃の日焼け止め対策なども忘れないようにしましょう。

⇒艶つや習慣の公式サイトはこちら

稗粒腫のケアで艶つや習慣を使用している方もいます

この記事を読んでいる方の中で、目元に白いポツポツが出来ているという方もいらっしゃいませんか?
それはもしかすると「稗粒腫」かもしれません。

さて、今回ご紹介するのは、この「稗粒腫」についてです。
稗粒腫とは一体何者なのか、稗粒腫が出来る原因は何なのか、稗粒腫に効果が期待できるスキンケア商品はあるのか?などをご紹介していきます。

◎稗粒腫とは何なのか?◎
稗粒腫と言われると、あまりピンとこない方も多くいらっしゃるかと思います。
稗粒腫とは、主に顔に出来るもので特に目元などに出来やすいものです。
ミリウム、または、脂肪の塊ともいわれています。
この白いポツポツの正体の原因は外側に排出しきれなかった角質が毛穴に残ってしまい、毛穴の奥にある毛包という袋状の部分に出来たり、排出機能があまり発達していない毛穴に溜まってできるものです。
そのため、まだ体の機能が発達していない赤ちゃんなどにも実はよくみられるものなんだそうです。

◎稗粒腫が出来る原因は何なのか?◎
排出機能が未熟な部分の毛穴に溜まってできる、というお話をしましたが、これ以外にも原因はあります。
ニキビや吹き出物などで毛穴が炎症を起こしてしまい、毛穴が傷ついてしまった場合や、何らかの理由で毛穴の出口がふさがってしまい、毛穴自体が袋状になることが原因とされています。
これらから、若い女性や赤ちゃんに多くみられる症状だとも言われているのです。

◎角質が正常に排出機能を働かせるには?◎
角質の排出機能さえ正常になれば、稗粒腫はできにくくなります。
加齢によるターンオーバーの乱れを整えたり、化粧水をしっかりと浸透させて乾燥を防いだり、洗顔料などのすすぎ残しに気を付けるなど、ほんの些細なことに気を付ければOKです。

稗粒腫のことは少しお分かりいただけましたか?
では、既にできてしまっている稗粒腫はどうしたらいいのか?というところですが、今までご紹介してきた艶つや習慣はここでも活躍します。
3番目の項目で「ターンオーバーの乱れを整える」とありますが、まさにここを改善してくれるのが艶つや習慣です。
艶つや習慣はイボケア対策商品であるため、稗粒腫が出来てしまって使用している方も多くいらっしゃると、販売元の方がおっしゃっていました。

稗粒腫は皮膚科で治すことも出来るようですが、皮膚科では稗粒腫を切開して中の膿を取ったり、レーザーで治療したりと、痛そうで高価そうな施術方法ばかりです。
しかも、よくよく調べてみると、稗粒腫はヨクイニンが効果的だとの情報もありました。

ということは、自宅でゆったりとケアをすることが出来るということです。
艶つや習慣にはハトムギエキスが配合されておりますし、艶つや習慣の2大主要成分として杏子エキスも配合されています。
ハトムギエキスは古くから漢方として扱われていますし、お茶にもなっています。
一方杏子エキスも杏仁オイルとして現在注目を集めている成分です。
心配な方は皮膚科をお勧めしますが、皮膚科など病院が苦手な方で、稗粒腫と確信のある方は艶つや習慣を使用するといいですね!

⇒艶つや習慣の公式サイトはこちら

艶つや習慣は目元のイボに使用しても大丈夫?

艶つや習慣のことを度々ご紹介させていただきましたが、どんな化粧品を使用するときも「目元に使用できるのか?」という点が気になるところです。
時には、目元には使用しないでくださいといった旨の記載あるスキンケア商品もあるので、しっかりと調べる必要があります。

艶つや習慣についてですが、目元どころか全身に使用することのできる低刺激の商品です。
というか、目元に使用できなければ稗粒腫を治すことが出来ません(汗)
以前お話しした稗粒腫は、主に目元付近に出来る白いポツポツなので、目元に使用できないものをご紹介するのは矛盾です(笑)

ただ、注意点として挙げられるのは、目元の皮膚は他の部位の皮膚よりも薄いため、マッサージをする際は力を入れすぎないことがポイントです。
力を入れすぎるとどうなるのか?
それは、皆さんもお分かりかと思いますが、余計な刺激を与えてしまうため、かえって逆効果になりかねないということです。

マッサージをするポイントとしては、目の周りをクルクルと優しくマッサージをしてあげると、目元がすっきりします。
頬などのマッサージは本来であれば痛気持ちいいくらいがちょうどいいのですが、艶つや習慣はマッサージゲルではないので、そこまでは意識しなくても大丈夫です。

さて、目元に限らず、マッサージというのは老廃物を外側に出すイメージかと思います。
そのため、リンパもマッサージしてあげるとデトックスになるので、イボケア以外の効果を得ることもできるかもしれません。
ぜひ一度試してみてください。

最後に、目元のマッサージの注意点がもう一つあります。
これは皆さんちゃんと日ごろから行っているかとは思いますが、目に入らないように注意してください(笑)
私はよく目元のマッサージをする際に目に入ることがありますが、眼球にはよくないです。
万が一目に入ってしまった場合は水かぬるま湯でしっかりと目を洗いましょう。

これだけ気を付けていれば問題はありません。

そんなイボケア商品で爆発的に売れている艶つや習慣ですが、購入を検討している方は、艶つや習慣の公式サイトがお勧めです。
購入方法や販売情報についてはまた、別の記事でご紹介しますが、取扱店舗が限られているので、公式サイトがお得で安全です。

艶つや習慣についてもっと知りたい、どんな商品なのか自分の目で確かめてみたい、そんな方は艶つや習慣の公式サイトを覗いてみてください。
問い合わせ先も掲載されていますので、公式サイトでわからないことがあれば、問い合わせるのもいいでしょう。

ちなみに私は問い合わせの常連となっています。
公式サイトの口コミや他のサイトの口コミだけではわからない情報も聞くことが出来るので、とても助かります。
例えば稗粒腫に関してが一つの例です。
稗粒腫にも効果が期待できるのか?というのは、公式サイトでは調べることが出来ませんでした。
そのため、電話で問い合わせをしたうえで情報を提供させていただいています。

皆さんもぜひ活用してみてください!

⇒艶つや習慣の公式サイトはこちら

艶つや習慣の販売店を探している方へ

いよいよ、艶つや習慣の販売店情報をご紹介していきたいと思います!
今まで記事を読んでいただき、ず~っと気になっていた方も多いかと思います。

艶つや習慣はどこで購入することが出来るのか?

まずは大手総合通販サイトで購入することが出来ないのか、Amazonや楽天市場で検索をかけてみることにしました。

Amazonですが、艶つや習慣の取り扱いはなく、類似商品がたくさん出てきます。
天下のAmazonで見つからないとなると、楽天市場も同じかな?と思いつつ、楽天市場でも検索をかけてみました。

すると、以前は取り扱いがあったようで、レビューの痕跡がありました。
これから艶つや習慣の購入を検討している方は、こちらのレビューも参考になるかもしれませんので、楽天市場では検索をする価値はありそうです。
詳細を調べてみると2013年以前は販売店として取り扱われていたようですが、現在はなくなっているようです。

となると、やはり一番お得(というか販売店が1店舗・・・)なのは艶つや習慣の公式サイトとなります。

艶つや習慣は通常価格が4104円となっているのですが、通常購入で10%OFF、ただし送料がかかります。
定期コースを申し込むと4104円が初回半額の2052円となっています。
しかも、送料は初回に限らずずっと無料です。
正規店という安心感、そして、公式サイトならではのお得感、これは公式サイト以外での購入は考えられません!

また、大抵の商品は定期コースに縛りがあり、3ヶ月の継続や、すごいものでは半年の継続が約束されるものですが、艶つや習慣は一度使ってお肌に合わなかったりしたときでもすぐに解約をすることができます。

ただ、お肌のターンオーバーのことを考慮すると、最低でも3ヶ月は使用するのが目安になります。
公式サイトでもそのように記されていました。
そのため、どうしてもお肌に合わない場合は別ですが、お肌に特に異常が出ていない場合は根気よく3ヶ月は続けてみてください。

長い方では効果を実感できるまでに半年ほどかかる方もいらっしゃるようです。
しかし、どの化粧品やスキンケア商品にも個人差や合う合わないがあるかと思いますので、じっくりと検討してみてください。

なお、支払方法ですが、2種類あります。
代金引換とクレジットカード決済です。
クレジットカード決済で使用できるのは「VISA」「MasterCard」「JCB」「AmericanExpress」「Diners Club」の5種類になります。
どれも購入者名義のものでなくてはいけないので、注意してください。
私の場合はクレジットカードを持っていないため、代金引換での購入となりましたが、時間指定が出来るのがとても嬉しいです。
子供がいる家庭だと、家事も育児も結構大変で昼寝をしないとやってられないのが現状なので、昼寝の時間を避けるですとか、仕事しているので夜しかいないという方などは、かなり便利です。

⇒艶つや習慣の公式サイトはこちら

顔のイボにはどのような取り方があるのか?

生まれつき顔のイボがある方、突然顔のイボが出来てしまった方、様々なケースがあるかと思いますが、どれも一度は取りたい!と思った方はいらっしゃいませんか?

今回ご紹介するのは顔のイボの取り方についてです。
まずは、顔のイボの原因を調べてみました。

◎顔のイボの原因は?◎
顔に限らず、イボというのは大抵がヒトパピローマウイルスというウイルスが原因でできるようです。(生まれつきある方は別です)
このウイルスが傷口などから入り込み感染し、イボが出来るといったサイクルになります。
しかも厄介なのが、このヒトパピローマウイルスというのは1種類や2種類ではなく100種類以上もの型があります。

では、早速治療法についてご紹介していきます。

◎皮膚科で取る取り方◎
一言で皮膚科といっても、実は様々な治療法があるんです。
それぞれ調べてみました。

◆液体窒素での取り方
液体窒素での取り方での一番のメリットは保険が適用されるため、リーズナブルに行うことが出来るといった点です。
大体1000円前後でプラス上乗せで薬代といったところでしょう。
液体窒素で取る場合、綿棒の先に-196℃の液体窒素を含ませ、直接イボに押し当てて焼き切るといった治療法になります。
日本で一番定着している方法なんですが、こちらはデメリットもあります。
まず、強い痛みをともなくことです。
顔のイボなら皮膚が薄いためなおさら痛みは強いかと思います。
また、人為的に火傷の状態にするため色素沈着がみられます。
そのため、今までイボで目立っていたのに色素沈着で余計に目立ってしまうといった場合もあります。
そして、何よりもつらいのが1度にイボを完治させるのは困難であるため、何度も通院をしなくてはいけないという点です。
症状には個人差がありますが、3ヶ月~1年ほどかかる方もいらっしゃるようです。

◆レーザー治療(炭酸ガス)
盛り上がりのあるイボやホクロの除去に適した方法で顔のイボに利用している方も多いようです。
メリットはほとんどの場合、一度の照射で傷跡も残らずきれいに取り除くことが出来る点です。
また、局所麻酔を行った後の施術となるため、痛みを伴わないというのも嬉しいところです。
蒸散作用を利用して除去するため、浅く削る、深く掘る、切開をするなどの繊細な調整が可能です。
レーザー治療に至るまでの流れは、診察をし、その日のうちに出来れば局所麻酔を行い、レーザー治療を行うといった流れになります。
レーザー治療を行った後は炎症を抑える薬を塗り、保護テープを貼られます。
お薬も処方されるので、お薬は欠かさずに使用するようにしないと、紫外線からのダメージを受けてしまうため、イボの治りが遅くなってしまいます。
こんなにすごいレーザー治療ですが、デメリットもあります。
液体窒素とは違い、保険が適用されません。
また、イボのサイズが大きいと、外科的な施術を勧められることがあるようです。
費用は1か所につき7000円~3万円とレーザーの方法でもだいぶ変わってくるようです。

◆内服薬での取り方
内服薬というのは基本的に治療をして処方されるものなんですが、一般的にヨクイニンなどが販売されているため、それらを飲んで治そうとする方もいらっしゃるようです。
ヨクイニンにも種類があり、生ヨクイニン、ヨクイニン末(粉末)、ヨクイニン錠(錠剤)の3種類があります。
通常、生ヨクイニンは単価が安いですが、扱いが難しいのであまり好まれません。
大体の方がヨクイニン末かヨクイニン錠を飲んで顔のイボなどを取ろうと試みるようです。
しかし、デメリットが盛りだくさんなのが内服薬です。
即効性がないため、液体窒素で3ヶ月~1年とありましたが、内服薬だけですと、1年以上飲み続けている方もいらっしゃいます。
1年以上飲み続けているということは、それだけの費用が小刻みに飛んで行っているということです。
ただ、ヨクイニン自体は漢方薬なので副作用などはありませんが、どうせ購入するなら市販のものよりも、治療を受けて処方をしてもらった方が保険が適用されるので安いです。
身体への負担はかかりませんし、体質の改善にもなるので、飲むこと自体はいいことだと思います。

◎自宅でケアはできないのか?◎
これまで、皮膚科での顔のイボの取り方をご紹介してきましたが、ひっそりと自宅でケアをすることはできないのか?という方も少なくないと思います。
実は、長期的ではありますが、自宅でもケアをすることはできます。
自宅でケアをする場合はまず大切なことが2点。
ターンオーバーを促すように毎日しっかりとしたスキンケアをすること、そして、角質のケアを忘れないことです。
イボの原因の一つに角質が溜まってできてしまうものがあります。
そのため、角質ケアをターンオーバーを促すことを重点的に行えば、まだイボが出来ていない方の場合は予防にもなります。

顔のイボというのは、人に見られるものなので、気になる方も多いかと思います。
ぜひ参考にしてみてください。

顔のイボに合う化粧品ってどんなものがある?

既に顔のイボで悩んでいる方も、これから顔のイボが出来るかもしれないと対策を練りたい方も、どんな化粧品を使用すればいいのかわかりますか?

今回は顔のイボに対する効果が期待できる化粧品についてご紹介します。
果たしてどんな化粧品が良いのでしょうか?

まず、配合されている成分で一番大切なのは保湿、保水などです。
そして、イボとなれば角質ケアも必須になってきます。
そのため、以下の成分が配合されている化粧品が顔のイボには適しているでしょう。

・ハトムギエキス
漢方でも「ヨクイニン」として有名なハトムギエキスですが、こちらには昔からお肌をキレイにする作用があるといわれています。
ハトムギエキスの主な働きは硬くなってしまった角質を新陳代謝を上げることで柔らかくすることです。
また、ハトムギはアミノ酸が含まれているため保湿効果が高く、お肌の潤いを保ちながら角質ケアをするならハトムギエキスは欠かせません。

・杏子エキス
こちらのエキスは配合されている化粧品がまだ少ないかもしれませんが、一応インターネットでもドラッグストアでも販売はされています。
主な働きは低下してしまったバリア機能を向上させることです。
また、杏子エキスには「パルミトレイン酸」という本来私たちの体内にある成分が含まれており、こちらを補うことで、ターンオーバーを促してくれます。
パルミトレイン酸とは、年齢を重ねるとヒアルロン酸などと同じく、減少していく成分です。
そのため、こちらの成分が配合されている化粧品は積極的に使用するといいかと思います。

・プラセンタエキス
こちらはサプリメントとしても現在とても有名ですし、近年の化粧品には配合されていないものはないくらいなのではないでしょうか?
こちらもまた、ターンオーバーをサポートする役割があるため、イボの予防などに適した成分と言えます。

・ヒアルロン酸
ヒアルロン酸は細胞と細胞の間に存在するもので、すぐれた保水力を持つ成分です。
保水することで、お肌の潤いを保ち、角質からお肌を守ることが大切です。

・アロエ
「アロエベラ」と化粧品に配合されている場合は記載されていますが、こちらも昔から傷口に良いと有名です。
アロエは身体の外側と内側の両方からアプローチをかけてくれる成分で、保湿効果が高いとされています。
そのため、保水・保湿を行うならアロエベラ!というくらい、多用されています。

上記に挙げた成分が配合されている化粧品はイボにとても効果が期待できます。
しかし、すべて配合されている化粧品を探すのはなかなか困難ですよね?
どれも全部欲張りたい!という方は、よほど本気のイボケアをお考えなのだろうと思います。
そういう方は、ぜひ艶つや習慣というオールインワンゲルを使用してみてください。
艶つや習慣には上記に挙げた成分がすべて配合されています。
また、1つの容量が120gであるため、たっぷりと惜しみなく使用することが出来ますのでお勧めです。

⇒艶つや習慣の公式サイトはこちら

顔のイボで悩む妊婦さんへ朗報です!

現在、妊婦で今までなかったのに気が付けば顔にイボが出来ていた!という方、いらっしゃいませんか?
顔のイボは嫌ですよね・・・。
一番見られる部位であるがゆえに、外に出たくなくなってしまいます。
妊婦さんは通常、お腹の中の赤ん坊のためにも、日頃から散歩などをしなくてはいけないのに、これでは外に出ることが億劫で仕方がありません。

さて、ここで問題です。
なぜ妊婦になると顔のイボなどが出来やすくなってしまうのでしょうか?
その答えはいたって簡単でした。

・妊娠によるホルモンバランスの乱れ
・免疫力の低下
・妊婦さん独特のストレス

これらはすべて顔のイボの原因となります。

◎ホルモンバランスの乱れ◎
妊娠すると、女性ホルモンが今まで以上に活発になり、その活発になった女性ホルモンの分泌に身体がついていけず、イボが出来やすくなってしまうことがあるようです。
しかし、妊婦さんという大切な時期にホルモンバランスを気にしすぎると今度はストレスでお肌が荒れてしまったりもするので、ここはあえてスルーした方がいいのかもしれません。

◎免疫力の低下◎
お腹の中の赤ん坊にたくさんの栄養を与えるため、たくさんのエネルギーを消費するのがママです。
主にどのようにエネルギーを消費しているのか?というところですが、自分では意識していなくても、子宮を大きくしたり、母乳を作る準備を始めたりと、身体は自然にいろいろな機能を働かせます。
これらによって、知らずのうちに免疫力が低下し、ウイルス性のイボの侵入を許してしまう原因を作り上げるのです。
なので、妊婦さんで注意が必要なのが、傷口というのはなるべく作らない方がいいです。
ウイルス性のイボは、特に傷口などからウイルスが侵入してきます。
これを防ぐためには、日頃から傷を作らないこと、傷が出来てしまった場合は、なるべく早めに処置をすることが重要になりそうです。

◎妊婦さん独特のストレス◎
妊婦さんには「マタニティブルー」というものがやってくる方も多くいらっしゃいます。
ヒステリックになり、自分ではやりたくないのに周りに当たり散らしてしまう・・・そして、これを行った後に後悔をする・・・という無限ループ。
これは意外と厄介かもしれません。
なぜなら、ストレスというのは自分でうまく向き合わなくてはいけないからです。
ストレスをため込まないということが一番の理想ですが、なんでも思い通りにはいかないものです。
そのため、多少の我慢は必要ですが、パンクしてしまう前にエア抜きをしてあげることでイボなども出来づらくなります。

現在顔のイボで悩んでいる妊婦さん、上記に心当たりはありませんか?

ホルモンバランスを無理に整えようとサプリメントなどを服用するのではなく、顔のイボならスキンケアでどうにかなるかもしれませんので、ゆったりと過ごしながら、スキンケアを丁寧に行ってあげるだけでもだいぶ違います。
あとは何とか前を向けるよう、ストレスを解消する方法を自分なりに探してみてください。