イボについて

顔のイボにはどのような取り方があるのか?

生まれつき顔のイボがある方、突然顔のイボが出来てしまった方、様々なケースがあるかと思いますが、どれも一度は取りたい!と思った方はいらっしゃいませんか?

今回ご紹介するのは顔のイボの取り方についてです。
まずは、顔のイボの原因を調べてみました。

◎顔のイボの原因は?◎
顔に限らず、イボというのは大抵がヒトパピローマウイルスというウイルスが原因でできるようです。(生まれつきある方は別です)
このウイルスが傷口などから入り込み感染し、イボが出来るといったサイクルになります。
しかも厄介なのが、このヒトパピローマウイルスというのは1種類や2種類ではなく100種類以上もの型があります。

では、早速治療法についてご紹介していきます。

◎皮膚科で取る取り方◎
一言で皮膚科といっても、実は様々な治療法があるんです。
それぞれ調べてみました。

◆液体窒素での取り方
液体窒素での取り方での一番のメリットは保険が適用されるため、リーズナブルに行うことが出来るといった点です。
大体1000円前後でプラス上乗せで薬代といったところでしょう。
液体窒素で取る場合、綿棒の先に-196℃の液体窒素を含ませ、直接イボに押し当てて焼き切るといった治療法になります。
日本で一番定着している方法なんですが、こちらはデメリットもあります。
まず、強い痛みをともなくことです。
顔のイボなら皮膚が薄いためなおさら痛みは強いかと思います。
また、人為的に火傷の状態にするため色素沈着がみられます。
そのため、今までイボで目立っていたのに色素沈着で余計に目立ってしまうといった場合もあります。
そして、何よりもつらいのが1度にイボを完治させるのは困難であるため、何度も通院をしなくてはいけないという点です。
症状には個人差がありますが、3ヶ月~1年ほどかかる方もいらっしゃるようです。

◆レーザー治療(炭酸ガス)
盛り上がりのあるイボやホクロの除去に適した方法で顔のイボに利用している方も多いようです。
メリットはほとんどの場合、一度の照射で傷跡も残らずきれいに取り除くことが出来る点です。
また、局所麻酔を行った後の施術となるため、痛みを伴わないというのも嬉しいところです。
蒸散作用を利用して除去するため、浅く削る、深く掘る、切開をするなどの繊細な調整が可能です。
レーザー治療に至るまでの流れは、診察をし、その日のうちに出来れば局所麻酔を行い、レーザー治療を行うといった流れになります。
レーザー治療を行った後は炎症を抑える薬を塗り、保護テープを貼られます。
お薬も処方されるので、お薬は欠かさずに使用するようにしないと、紫外線からのダメージを受けてしまうため、イボの治りが遅くなってしまいます。
こんなにすごいレーザー治療ですが、デメリットもあります。
液体窒素とは違い、保険が適用されません。
また、イボのサイズが大きいと、外科的な施術を勧められることがあるようです。
費用は1か所につき7000円~3万円とレーザーの方法でもだいぶ変わってくるようです。

◆内服薬での取り方
内服薬というのは基本的に治療をして処方されるものなんですが、一般的にヨクイニンなどが販売されているため、それらを飲んで治そうとする方もいらっしゃるようです。
ヨクイニンにも種類があり、生ヨクイニン、ヨクイニン末(粉末)、ヨクイニン錠(錠剤)の3種類があります。
通常、生ヨクイニンは単価が安いですが、扱いが難しいのであまり好まれません。
大体の方がヨクイニン末かヨクイニン錠を飲んで顔のイボなどを取ろうと試みるようです。
しかし、デメリットが盛りだくさんなのが内服薬です。
即効性がないため、液体窒素で3ヶ月~1年とありましたが、内服薬だけですと、1年以上飲み続けている方もいらっしゃいます。
1年以上飲み続けているということは、それだけの費用が小刻みに飛んで行っているということです。
ただ、ヨクイニン自体は漢方薬なので副作用などはありませんが、どうせ購入するなら市販のものよりも、治療を受けて処方をしてもらった方が保険が適用されるので安いです。
身体への負担はかかりませんし、体質の改善にもなるので、飲むこと自体はいいことだと思います。

◎自宅でケアはできないのか?◎
これまで、皮膚科での顔のイボの取り方をご紹介してきましたが、ひっそりと自宅でケアをすることはできないのか?という方も少なくないと思います。
実は、長期的ではありますが、自宅でもケアをすることはできます。
自宅でケアをする場合はまず大切なことが2点。
ターンオーバーを促すように毎日しっかりとしたスキンケアをすること、そして、角質のケアを忘れないことです。
イボの原因の一つに角質が溜まってできてしまうものがあります。
そのため、角質ケアをターンオーバーを促すことを重点的に行えば、まだイボが出来ていない方の場合は予防にもなります。

顔のイボというのは、人に見られるものなので、気になる方も多いかと思います。
ぜひ参考にしてみてください。

顔のイボに合う化粧品ってどんなものがある?

既に顔のイボで悩んでいる方も、これから顔のイボが出来るかもしれないと対策を練りたい方も、どんな化粧品を使用すればいいのかわかりますか?

今回は顔のイボに対する効果が期待できる化粧品についてご紹介します。
果たしてどんな化粧品が良いのでしょうか?

まず、配合されている成分で一番大切なのは保湿、保水などです。
そして、イボとなれば角質ケアも必須になってきます。
そのため、以下の成分が配合されている化粧品が顔のイボには適しているでしょう。

・ハトムギエキス
漢方でも「ヨクイニン」として有名なハトムギエキスですが、こちらには昔からお肌をキレイにする作用があるといわれています。
ハトムギエキスの主な働きは硬くなってしまった角質を新陳代謝を上げることで柔らかくすることです。
また、ハトムギはアミノ酸が含まれているため保湿効果が高く、お肌の潤いを保ちながら角質ケアをするならハトムギエキスは欠かせません。

・杏子エキス
こちらのエキスは配合されている化粧品がまだ少ないかもしれませんが、一応インターネットでもドラッグストアでも販売はされています。
主な働きは低下してしまったバリア機能を向上させることです。
また、杏子エキスには「パルミトレイン酸」という本来私たちの体内にある成分が含まれており、こちらを補うことで、ターンオーバーを促してくれます。
パルミトレイン酸とは、年齢を重ねるとヒアルロン酸などと同じく、減少していく成分です。
そのため、こちらの成分が配合されている化粧品は積極的に使用するといいかと思います。

・プラセンタエキス
こちらはサプリメントとしても現在とても有名ですし、近年の化粧品には配合されていないものはないくらいなのではないでしょうか?
こちらもまた、ターンオーバーをサポートする役割があるため、イボの予防などに適した成分と言えます。

・ヒアルロン酸
ヒアルロン酸は細胞と細胞の間に存在するもので、すぐれた保水力を持つ成分です。
保水することで、お肌の潤いを保ち、角質からお肌を守ることが大切です。

・アロエ
「アロエベラ」と化粧品に配合されている場合は記載されていますが、こちらも昔から傷口に良いと有名です。
アロエは身体の外側と内側の両方からアプローチをかけてくれる成分で、保湿効果が高いとされています。
そのため、保水・保湿を行うならアロエベラ!というくらい、多用されています。

上記に挙げた成分が配合されている化粧品はイボにとても効果が期待できます。
しかし、すべて配合されている化粧品を探すのはなかなか困難ですよね?
どれも全部欲張りたい!という方は、よほど本気のイボケアをお考えなのだろうと思います。
そういう方は、ぜひ艶つや習慣というオールインワンゲルを使用してみてください。
艶つや習慣には上記に挙げた成分がすべて配合されています。
また、1つの容量が120gであるため、たっぷりと惜しみなく使用することが出来ますのでお勧めです。

⇒艶つや習慣の公式サイトはこちら

顔のイボで悩む妊婦さんへ朗報です!

現在、妊婦で今までなかったのに気が付けば顔にイボが出来ていた!という方、いらっしゃいませんか?
顔のイボは嫌ですよね・・・。
一番見られる部位であるがゆえに、外に出たくなくなってしまいます。
妊婦さんは通常、お腹の中の赤ん坊のためにも、日頃から散歩などをしなくてはいけないのに、これでは外に出ることが億劫で仕方がありません。

さて、ここで問題です。
なぜ妊婦になると顔のイボなどが出来やすくなってしまうのでしょうか?
その答えはいたって簡単でした。

・妊娠によるホルモンバランスの乱れ
・免疫力の低下
・妊婦さん独特のストレス

これらはすべて顔のイボの原因となります。

◎ホルモンバランスの乱れ◎
妊娠すると、女性ホルモンが今まで以上に活発になり、その活発になった女性ホルモンの分泌に身体がついていけず、イボが出来やすくなってしまうことがあるようです。
しかし、妊婦さんという大切な時期にホルモンバランスを気にしすぎると今度はストレスでお肌が荒れてしまったりもするので、ここはあえてスルーした方がいいのかもしれません。

◎免疫力の低下◎
お腹の中の赤ん坊にたくさんの栄養を与えるため、たくさんのエネルギーを消費するのがママです。
主にどのようにエネルギーを消費しているのか?というところですが、自分では意識していなくても、子宮を大きくしたり、母乳を作る準備を始めたりと、身体は自然にいろいろな機能を働かせます。
これらによって、知らずのうちに免疫力が低下し、ウイルス性のイボの侵入を許してしまう原因を作り上げるのです。
なので、妊婦さんで注意が必要なのが、傷口というのはなるべく作らない方がいいです。
ウイルス性のイボは、特に傷口などからウイルスが侵入してきます。
これを防ぐためには、日頃から傷を作らないこと、傷が出来てしまった場合は、なるべく早めに処置をすることが重要になりそうです。

◎妊婦さん独特のストレス◎
妊婦さんには「マタニティブルー」というものがやってくる方も多くいらっしゃいます。
ヒステリックになり、自分ではやりたくないのに周りに当たり散らしてしまう・・・そして、これを行った後に後悔をする・・・という無限ループ。
これは意外と厄介かもしれません。
なぜなら、ストレスというのは自分でうまく向き合わなくてはいけないからです。
ストレスをため込まないということが一番の理想ですが、なんでも思い通りにはいかないものです。
そのため、多少の我慢は必要ですが、パンクしてしまう前にエア抜きをしてあげることでイボなども出来づらくなります。

現在顔のイボで悩んでいる妊婦さん、上記に心当たりはありませんか?

ホルモンバランスを無理に整えようとサプリメントなどを服用するのではなく、顔のイボならスキンケアでどうにかなるかもしれませんので、ゆったりと過ごしながら、スキンケアを丁寧に行ってあげるだけでもだいぶ違います。
あとは何とか前を向けるよう、ストレスを解消する方法を自分なりに探してみてください。

顔のイボに木酢液は使用可?

顔のイボなどを取るのに効果が期待できるとされる木酢液ですが、木酢液を使用するうえでの注意事項や、どのタイプのイボに効果が期待できるのかなどといった詳細はあまり語られてきていません。

今回は顔のイボに悩んでいる方へ、木酢液の正しい使い方をご紹介していきたいと思います。

◎本当に顔のイボに使用して大丈夫なのか?◎
木酢液と聞くと、何となく顔に使ってはいけないような感じがするのですが、そんなことはありません。
木酢液と言われるとピンときませんが、酢酸やアルコールといえばピンとくるかと思います。
そう、木酢液は殺菌力が高いのです。
そのため、ウイルス性のイボに効果が期待できるのだとか。
特に水イボに対しての効果がかなり高いことがわかっています。

◎木酢液の正しい使い方◎
木酢液は大抵原液で販売されていますので、この原液をそのまま使用するか、あるいは少し薄めて使用するのが一般的です。
この木酢液をコットンやガーゼなどにしみこませ、顔のイボの部分にあてて保護テープや絆創膏などで30分ほど押さえつけます。

なお、木酢液を使用する際はお風呂上りなどの清潔な時がベストです。
これを2週間~1ヶ月ほど続けていくとイボが?がれてくるそうです。
また、顔のごく一部分であれば、そこにピンポイントで綿棒に木酢液を含ませ押し当てるといった方法もあります。

◎木酢液を使用する場合の注意点◎
木酢液を使用する場合は、まず購入した(購入する)木酢液の説明書などを見ましょう。
「足などに使用し、顔には使用しないでください」といった旨のことが記載されている木酢液は顔のイボには使用してはいけません。
また、殺菌力が強いというだけあって、目に入るのも危ないので、目元のイボには使わない方がいいかもしれません。

◎木酢液の安全性は?◎
顔のイボに効果が期待できるとされる木酢液ですが、実際安全かどうかと聞かれると首を縦にはふれないのが事実です。
というのも、医療的な効果を社会的に確認できていないからです。
根拠がないということです。
また、木酢液に含まれるコールタールという成分は発がん性物質とも言われており、顔のイボが取れても、そのほかの部位についてしまった場合に皮膚がんなどを発がんさせる可能性があるそうなんです。
これには私も驚きました。

◎初めて木酢液を使用する方へ◎
初めて木酢液を使用する場合は、お風呂などの入浴用があるため、そちらから始めてみるのがいいかと思います。
入浴用となると、原液よりもはるかに薄い濃度で使用することができるため、安全に使用することもできます。
また、入浴用の木酢液でお肌のイボが取れるだけではなく、ツルツルスベスベになったという効果を得ている方もいらっしゃるようです。

購入をする際には、しっかりとそれぞれの特徴を調べながら身長に品定めをすることをお勧めします。
実際に木酢液を使用している方の口コミなどを覗いてみるのも一つの手かもしれません。

顔のイボは再発の恐れあり?!

顔のイボで悩んでいる方の中で、「治しても再発するのでは?」との声もうかがえます。
実際のところどうなのか、調べてみることにしましたので、参考にしてみてください。

顔のイボに限らず、イボというのは老人性イボとウイルス性のイボが存在します。
この2種類のイボ、どちらも再発する恐れはあります。

まずは、老人性イボについてですが、老人性イボは加齢とともに出来てくるイボで角質のかたまったものがイボとして付いてしまうというのが特徴です。
こちらの場合は、日頃のスキンケアが何よりも大切です。
特に首元なんかは無防備な状態のことが多く、夏場は日焼止めなどを塗り忘れがちな部位です。
こういった隙を狙ってイボが出来てしまうのです。

そのため、老人性イボがすでにできてしまっているという方の中には、液体窒素やレーザー治療などの治療をお考えの方もいらっしゃることと思いますが、そのあとは今まで以上のケアを心がけるようにしましょう。

例えば、保湿です。
保湿というのはとても大切なことで、特に冬場なんかは乾燥しがちなお肌ですので、保湿を促すこと、そしてターンオーバーを促す、新陳代謝を上げるようにするなどといったことが必要になります。
新陳代謝が低下することでもイボというのはできやすくなってしまうので、体質改善は地味に大切なことなんです。

次にウイルス性イボについてですが、ウイルス性イボとなると、老人性イボのように液体窒素やレーザーでの治療などが一般的です。
しかし、その傷口にウイルスが残ってしまった場合は、再発の恐れがあります。
また、ウイルス性のイボの厄介なところは潜伏期間があるという点です。
液体窒素やレーザーでの治療をしたし、もう大丈夫!なんて思っていて、忘れたころにまた同じようなところに出来ている場合、それはウイルスが残っていて再発してしまったものになります。

ウイルス性のイボを除去する場合はいいお医者さんにあたることを祈るしかないのですが、こちらも老人性イボと同じで、自宅でケアをして予防をすることはできます。

どちらのイボにも共通しているのは、お肌のターンオーバーが乱れてしまったり、保湿が足りなかったり、日頃のストレスや紫外線など環境によるダメージでできてしまうということです。

そのため、一つずつ改善していけば問題はないかと思います。
まずはお肌のターンオーバーを活発にするために、スキンケアを今まで以上に気を付けてみたり、お肌に刺激を与えずに過ごしたり、油分と水分のバランスをしっかり取ったり。
ストレスは自分で発散できる趣味などを見つけるのがベストです。

小さなことからで構いません。
顔のイボはコンプレックスになりやすいものですので、日頃から一つずつ実行していってみてください。
イボに効果が期待できるスキンケア成分はヨクイニンや杏仁オイルです。
これらが配合されているものを使用して、お肌を優しく擦らずにマッサージしてあげるのがポイントです。

子供の顔のイボの原因は何なのか?!

顔のイボで悩んでいるのは大人だけではありません。
子供でも顔のイボというのはできるものなのです。
では、子供に出来る顔のイボとはどういったものなのでしょうか?
今後自分の子供にもできるかもしれないので、今回の記事を参考にしていただけたらと思います。

まず、顔のイボには主に3種類のイボが挙げられます。
一つは尋常性疣贅、もう一つは扁平疣贅、最後は老人性疣贅です。
子供の顔に出来るものは尋常性疣贅と扁平疣贅の2種類になります。

では、それぞれの違いは何なのでしょうか?

◎尋常性疣贅◎
こちらはヒトパピローマウイルスの2型、27型、57型の感染で起こる一般的にみられるイボです。
怪我の傷口からウイルスが侵入するケースが多く、手指や足、顔に出来やすいイボです。
気になるからと自分で何となく処理しようとすると、ウイルスが広がってしまい、イボも増えてしまいます。
また、他の方に移ってしまうイボであるため、自然治癒ではなくしっかりと皮膚科で処置してもらうことをお勧めします。

◎扁平疣贅◎
顔や手にできやすいイボで、青年期でできる方が多いため、青年性扁平疣贅とも呼ばれています。
こちらのイボは大人も子供もできるものです。
赤みやかゆみなどの炎症反応が起こりますが、この炎症反応は治る前兆で、症状が出てから1週間~2週間で治ることが多いです。

上記2種類の大きな違いは自然治癒ができるかできないかの違いです。

また、子供に最も出来やすいイボが水イボです。
このイボはプールなどに通ったりする際に感染することが多いのです。
理由としては、プールで泳ぐことでイボの部分の皮がふやけて破れてしまい、中の水分(ウイルス)がタオルなどに付着し、そこから感染するといわれています。
つまり、水中の中での感染よりもタオルや洋服からの感染の方がはるかに多いということになります。
これは恐ろしいですよね。

では次にご紹介するのは、顔のイボが出来ている場合の対策、これからできないようにするための予防です。

既に子供の顔にイボが出来てしまっている場合は、皮膚科へ受診するようにしてください。
液体窒素などの治療は強い痛みを伴うため、子供にはお医者さんも進めないと思います。
恐らく内服薬や塗り薬を処方されると思いますので、こちらを使用しましょう。
また、自宅でのケアとしては、清潔にしておくこと、子供の場合代謝は良いので、保湿を心がけてあげることがポイントです。

まだ顔のイボはできていないけれど、これからできないようにするためには?という場合は、プールだけは気を付けてください。
プールでは他の子供たちとタオルやビート板などを共用しないことを言いつけましょう。
自宅での注意点としては、やはり、イボが出来ている子供と同じように保湿を心がけてあげるといいです。

親として紫外線が気になる方は、子供用の日焼け止めを塗ってあげるのも一つの方法です。
イボというのはどういった形で侵入してくるかわかりませんので、日焼け止め対策もするにこしたことはありません。

角質粒ってなに?

皆さんは「角質粒」ってご存知でしょうか?
実は私は自慢ではないですが、お肌がキレイだと評判で、角質粒なんか縁がないと思っていたのですが・・・出来てしまったのです。

今回は「角質粒」とは何者なのか?原因は何なのか?治す方法はあるのか?など、角質粒を様々な視点からご紹介していきます。

◎角質粒って何ですか?◎
こちらは顔や首などに出来る白い吹き出物のことを指します。
私は本当に目元付近に存在しているため、怖くて何の治療もせずに放置しています。
人に移ることはありません。
角質粒とは、これまでご紹介してきた老人性イボによく似ています。
いわゆる、お肌の老化が原因で老廃物が溜まってしまい、できてしまうできもののことです。
吹き出物・・・というよりはイボに近いです。

◎主な原因は何なのか?◎
お肌の老化が原因だと前述しましたが、詳細な原因は紫外線や老化、様々なお肌ダメージで角質に異常が起こることが原因だといわれています。
そのため、古くなった角質が上手く排出されず、溜まっていってしまい、脂肪の塊のように白い粒になってしまうのです。
もともとシミなどが出来やすい体質の型は特に紫外線対策を怠ると角質粒が発生しやすくなる傾向にあるようです。
そのため、白人の方などはかなり角質粒がある方が多いようです。

◎角質粒の取り方などはどうやるのか?◎
あまりにも大きくなり、目立ってしまうようになったら皮膚科などへ行って液体窒素なり、炭酸ガスレーザー治療なりを受けた方がいいかと思いますが、実は角質粒は小さいうちであれば自宅でもケアすることが出来ます。
ただ、無理やりピンセットなどで取るのではなく、徐々にアプローチすることが大切です。

一つ目の方法は、ピーリングです。
ピーリングによってお肌の代謝を上げることで角質粒は出来づらくなります。
現在出来ている角質粒ももちろんピーリングを続けていけば小さくなってきますし、新たな角質粒も防ぐことが出来ます。
ただ、ピーリングはやりすぎるとお肌に負担がかかってしまい逆効果となってしまうので、適度な回数を守るようにしましょう。

もう一つの方法は、新陳代謝を上げるような成分が配合されたスキンケア商品を使用することです。
角質粒はイボに似たものになるので、ハトムギや杏子などはかなり効果が期待できるかと思います。
ハトムギ化粧水や杏仁オイルなど、水分と油分のバランスも考えつつ、新陳代謝を上げながら角質ケアをしてあげることで、今後の角質粒の再発も防げるようになります。

私は20代前半でできました。
10代のころは日焼止めなんか塗らずにヤンチャしていたので、10代のころに受けたダメージがもろに出てしまったのでしょう。
ある日鏡を見て白いポッチがあることに気付き、ショックを受けましたが、母が使用しているピーリングタオルを2週間に1回使用することで少しずつ改善されてきたように思います。
今では全然目立たなくなりましたので、参考までに。