艶つや習慣は子供のイボケアに使っても大丈夫!?

子供のイボには様々な種類があるようです。
子供のイボでお困りの方は、ぜひこちらの記事を参考にしてみてください!

まず、子供のイボには幼少期に出来る水いぼ(ウイルス性)と青年期に出来る青年性扁平疣贅(ウイルス性)があります。

◎水イボの特徴◎
水イボは上記でもご紹介した通り、幼少期に出来やすいイボで伝染性のものです。
主に、3歳~5歳くらいの年齢の子供に見られ、色は白っぽい色か肌色で、中に水を含んでいることから水イボと呼ばれています。
このイボは水ぶくれと勘違いしてしまい、潰してしまう子もいるようですが、中の水にウイルスが含まれているため、そこから他の部位に感染してしまうことが多いようです。
また、プールなどに通う際は水の中ではなく、タオルや洋服、ビート板などから感染することもありますので、共用はなるべく避けた方がよさそうです。

◎青年性扁平疣贅の特徴◎
こちらは幼少期に出来る水イボとは違い、中学生以降から30代くらいまでの年代で発症するイボです。
稀に10歳以下の子供に出来たりもするイボですが、大体が20代の方がかかるようです。
顔や手の甲などに現れることが多く、吹き出物なんかと間違ってしまいがちです。
自然治癒で治るものではありますが、気になる方はケアをするか、皮膚科へ相談した方がいいかと思います。

どちらも共通しているのは顔のイボとして出てくることです。
しかし、皮膚科へ行く時間も学生であれば取るのはなかなか難しいですし、幼稚園児などだと病院という言葉だけでおびえてしまう子供もいます。

そんな時に役に立つのが艶つや習慣です。
艶つや習慣は軽度のウイルス性のイボであれば、時間はかかりますが治すことが出来ます。
理由として挙げられるのは、配合されている成分の中にハトムギエキスが配合されているという点です。
皮膚科などで処置をしたあとに処方されるヨクイニンという内服薬や塗り薬がありますが、こちらはもともとはハトムギから抽出されるものです。

そのため、艶つや習慣で治すこともできるということです。

◎そもそもハトムギの役割は?◎
ハトムギは古くから漢方として服用されることも多く、また、ハトムギ茶として飲まれることも多い植物です。
ハトムギにはビタミンB群が豊富に含まれており、このビタミンB群やミネラルなどがお肌の新陳代謝を活発にし、ターンオーバーを促進する作用があります。

そのため、艶つや習慣はイボケア商品として販売されていますが、お肌の若さを取り戻す力もありますので、子供と一緒に毎日塗るとお肌のキメが整ったりと改善がみられるようになります。
ウイルス性のものにも悪性のものはありますので、皮膚科に通うにこしたことはありませんが、時間がない方や子供が怖がるといった場合は、艶つや習慣を試してみるのも一つの方法かと思います。
詳細が気になる方は艶つや習慣の公式サイトをチェックしてみたり、お問い合わせをしてみたりするといいでしょう。

⇒艶つや習慣の公式サイトはこちら

SNSでもご購読できます。